« 思えば思うほど・・・・・・? | メイン | 美しく生きる »

目標と不満

貴方は毎日「目標」をもって生きていますか? それとも「不満」をもって生きていますか?

人は目標が無ければ生きていく事が出来ない。

「そんな事言って、私何も目標が無くても生きているよ!」

そんな声がこのブログを読んでいる貴方から聞こえてくる。

では、不満や不安はありますか?

「そんなの当たり前だよ、あまり人前では言わないけど、不満や不安はいっぱいあるよ!」

だいたい、そんな意見が聞かれそう。

ではなんで「目標」を持って前向きに生きていかないのですか?

「だいたい私って目標を持って一生懸命やっても、達成する前にどうしてもだめになるのよね、普通これって言い訳になるから言わないけど、心の中ではいつも思っている」

本当私もいつも一つの目標を持ってやる時、何か80%位で駄目になってしまう事ばかり。

私も今自分の心の中では、目標を持って行っている、無論ブログに書いた総合病院もその一つの目標である。

その目標に向かって日々努力をしている、しかし、常に今では絶対に達成できるような目標ではない、もしかすると他界するまで達成できないような目標もある。

私がチャネリングをしていた時、「目標としている者は、80%達成できたら次の目標を立てないともし100%達成したとすれば、死に至るのである」と言われた事がある。

それを聞いた時私は人生を振り返って見るとその通りである事に気が付いた。

ですから、スポーツでも頂点に人は、そのスポーツの頂点に立つのが目標でなくて、それ以上の目標があるから頂点に立てる、例えばオリンピックで金メダルが目標であれば、北京オリンピックだけ金メダルを取るのではなく、次のオリンピックも金メダルを取るつもりもしくは、多くの人に感動を与えるようなメダルを目指す事である。

「へ~目標がある人はいいね」と言っている貴方、「人は目標が無ければ生きていけない」この言葉の通り貴方も無意識の中で目標は必ず持っています。

なぜなら、「不満」はあるよね、満足していないから不満になるんだよね、では何に満足していなの?

それを見てみればすぐに答えが出る、その不満を目標に変えれば良いだけ、こころの持ちようで違う人生が現れる。

しかし、あせってすぐに目標を達成しようと思うと苦しみや不満・不安になる、それでもそれが分かっていれば挫折しながらでも目標に向かって進む事が出来る。

何もかにもやになって目標を捨てた人と、何もかにも思い通りに言っている人は、必ず身体に目標を持つ、どう言う事かと言うと病気である、病気を持って治す事を目標にするのである。

そうしないと生きていけなくなるから。

ですから、あまりにも苦しい思いとしているとするれば、少し目標に向かうのをゆっくりにめにする事である。

時期が決められているものは、少し方向転換するのも必要かもしれませんね。

このページのTOPへ