« 邪氣取っていますか? | メイン | どうして内臓って動いているの? »

は~い、力を抜いて!

よく整体や病院の先生に、「は~い、力を抜いて!」って言われたことありませんか?

でも、心の中で「力を抜いてと言われても、力が抜けないんだよね」と思ったことありませんか?

人生においても、「肩の力が抜けたらどんなにらくだろう!」と思っているのではないかと、私も思っています。

しかし、力を抜くのは大変なことである。

現在私が力を抜く方法として、氣のバランスを整える事と考えている、でも、その氣そのものが私は見えるが、多くの人は見ることが出来ない、私自身でも氣のバランスが崩れていることは、瞬間的に分かるのは難しい。

氣が整っていると思えば崩れているし、崩れているとも言えば身体の調子が良いこともある。

氣のバランスの見方は、五行説の経絡と感情が共通していると考えれば、怒ったり・悲しんだり・喜んだり・優しさが出たり・怖がったりがと感情が異常に出ている状態が経絡の氣のバランスが崩れている時と考えています。

私自身も未だに右耳の具合が悪く、氣の流れが悪くなり、少しでも無理すると耳が痛くなり、氣のバランスが崩れるのが分かります。

本当に、力を抜くことって、全身の筋肉が硬くなっていなく、氣の流れが良くなっている状態と思います。

氣が流れていても、少しでも無理をして、筋肉が硬くなることになれば、肩の力が入ると言うことである。

常に、筋肉と氣のバランスを見ながら、身体を動かさなければならないと言うことである。

しかし、そんな事を考えながら、毎日生きるのは大変である。

どんなに筋肉を使おうが、氣のバランスが崩れない状態を作り出す、そんな方法を大分研究をして、見つけたのである。

   にほんブログ村 健康ブログ 整体へ にほんブログ村 健康ブログ 気功へ にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

 

このページのTOPへ