« 朝の陽氣を浴びる | メイン | 本当の自分探し!! »

「力」をつける

私は良く「力をつける」と言っています。

ブログでも、「いくら能力があっても力がないと成功できない」と、代替医療と現代医療の総合医療を現実化をするのに言っています。

では、「力」とは何か?

お金・地位・名誉であるか?

お金や地位名誉があっても、自分の思い通りにならなければ、何の意味もありません。

私の言う力とは、多くの人から心から信頼され、また、その信頼してくれた人達に、本当の幸せをあたえる事が出来る事を言っている。

何事もそうであるが、一人の人が能力が優れていても、集団の力には勝つことが出来ない、人と言うのは集団でしか生きていくことが出来ないのである。

いかに多くの人の力をかりながら自分の実力を発揮できるかである。

私も総合医療の病院を創るには、多くの人の力と周りの人の協力がなければ出来ることではありません。

無論、私のやることに反対をする人も出てきます。

現在でも私がやろうとしなくても、多くの病院の先生や代替医療の先生などがやろうとしていますが、上手く行っていません。

理論上では、上手く行くのですが、人をまとめる力のある方がいないようです。

結局は利権がらみで、自分だけが儲かるようにと考えてしまい、バランスが取れなくなってしまうのです。

私自身もいろんな会に参加してきましたがどこもそうである。

お金が集まり、地位名誉を創るとどうしても欲が出るようで、総合医療を推進する意味や理念信念を明確にすると共に、実行しなければなりません。

この事業にたずさわる人達が本当の幸せをつかめる事が大事なのです。

私が今力をつけているのは、生きている人の苦しみをとると共に、亡くなられた方達の痛み苦しみもとっています。

一人でも多くの人達の痛み苦しみをとって、肉体がある人も無い人も含めみんなで、良い社会を創るため、私は施術をしています。

私の思いが一人でも多くの皆さんの同意が出来れば、私自身大きな力を得たことになります。

力をつける為今日も一日努力しています。

  にほんブログ村 健康ブログ 整体へ にほんブログ村 健康ブログ 気功へ にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

このページのTOPへ