« 「正しい」こと | メイン | 優しさって何だろう »

右脳と左脳のバランス

「右脳と左脳」貴方はこの二つの能力を均等につかっていますか?

先日もニュースでやっていましたが、秋葉原の殺人事件ですがひどいものですよね、計画的に人を殺そうと思うわけですから、普通に道も歩いていられないですね。

人の精神状態ってなかなか分からないから、いきなりやられては手のうち用が無いですね。

私も大学の時臨床心理学を専攻していてゼミも取っていたのですが、ある精神科医の話を聞いたのですが、精神科の患者さんはいきなり何をするのか分からないそうです。

その先生もいきなり後ろから羽交い締めされ、投げ飛ばされたそうです、腕の骨が損傷したらしのですが、本人は何も悪気がないので怖いものです。

人それぞれいろんな精神状態があるので、一概にこの原因とは言い切れませんが、私は右脳と左脳のバランスの崩れでもそういった犯行を行うケースがあると思っています。

人の心理は、自殺願望がある人は他殺願望もあります、その人がどちらを選択するかであります。

そこで何故自殺をしたくなるのか?であるけれでも、精神バランスの崩れが一つ考えれます。

一概に精神バランスと言ってもどの様な事が身体の中で起こっているのかである。

いちばん大きな原因として、脳の構造と考えるのが普通である。

では、その脳の構造で右脳と左脳がいえるのと思います。

右脳はおおざっぱに言ってイメージです、左脳は計算です、人によって左右が違う人もいるらしいですが、多くの人はそうだそうです。

私も毎日人の頭の氣のバランスを診ていますが、その氣のバランスが崩れている人が多いです。

ちなみに、右脳をよく使われる人は、イメージ(創造)力が高いので、行動力が人より衰えいて頭ではこうやれば上手く行くことは分かっていても、人に伝えたり理論的に話すのが苦手である。

また、芸術家のように想像力が豊かなので、現実と夢との境界が分からなくなりやすく、夢の中で一旦つまずくと自殺する方向に向かう。

左脳をよく使う人は、私もどちらかと言えば左脳派ですが、計算高くいろんな事を合理的考える、行動派思いつけばすぐ行うのであるが、やっているとゴールがなく満足感が得られない。

社会と自分を見つめ自己分析はするのであるが、あまり使いすぎると生きている意味が分からなくなり、自殺願望になる。

無論、通常の人は少しバランスが崩れていても、多くの人はこのバランスを保って生きているわけである。

ですから、時には疲れがひどくなり大なり小なり、貴方も自殺や他殺を考える時があると思います。

しかし、寝ている時にそのバランスを整えているのである、寝ていても脳は動いています、もし動いていなければ血液が脳に行かなくなり、死んでしまっていることになりますから。

私は精神の治療の一つに、頭の氣のバランスを整える事も大いに必要と考えています。

ノイローゼやうつ病もこのバランスが崩れていると考えています、その状態になるとどちらかの脳の氣が落ちて精神的に異常をきたすのだと考えます。

一旦氣が落ちて脳の機能が低下している場合があるので、氣を戻せば精神病が改善するとは考えていませんが、現代医学と共に氣の治療を加えれば大いに結果がでると思っています。

   にほんブログ村 健康ブログ 整体へ にほんブログ村 健康ブログ 気功へ にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

このページのTOPへ