« 施術と芸術 | メイン | 自分を変える! »

こころの修行

私の施術は他の整体やカイロの施術と違って氣を扱っている、ゆえに、他の整体やカイロさんとも違った修行をしなくてはいけない。

しかし、この修行の結果は、人として本当の幸せを手にする事が出来る。

こころの中の修行は、誰も見てくれことは無い、無論見ることが出来ない、であるがゆえに、間違えた修行をしていても誰もとがめる事が出来ない、一切自分自身でコントロールしなければならない過酷な修行である。

私のお客様で、よく看護師さんが来られる、その看護師さんの話しで、ある同僚の看護師さんなのですが、親からの受け継いだ伝統の技術があるそうです。

その技術とは、東洋の医術の考え方で、人を殺める方法を知っているということである、なんと恐ろしい話ですが、そんな方が病院の看護師さんであれば、患者さんでもいろんな方がいますので、危険な氣がしますが、話を聞くところにはかなり心の修行が出来ているそうで、あまり怒ったりしないそうです。

医術と言うのは、病気に効けば効くほど逆に悪くする方法も同時に見つかるということであります、これは、西洋医学・東洋医学・現代医学とわず同じことが言えます。

無論、西洋医学や現代医学は、物理的な事が多いので、周りの人が気が付き止める事が出来ますが、東洋医学の場合、知らず知らずに行う事が出来るので、自分でコントロールするしかありません。

その一例で、私の行っている氣の世界では、一般の人は氣が落ちていることなどほとんどの人は分かりません、ですから、氣が落ちて免疫力が下がり、様々な病気になっても氣のせいだと認識することはほとんどありません。

多くは、病院に行って薬をもらったり、最近では整体やカイロに行く人がいますが、氣が弱ってしまっていれば、筋肉の作用も弱り骨もずれ易くなり、病気にもなりやすくなります。

ですから、私でも一歩間違えれば、お客様の氣を狂わせてしまう恐れがあるということです。

氣と言うのは行為的に行わない限り、すぐにおかしくなり生命に異常をきたす事はありません、ですから、「好転反応で氣が崩れることもあるので、何かおかしいと思いましたらまた、来てください」と言っています。

もし、行為的に氣のバランスを崩すことをすれば、「与えたものは、与えられる」と言う大原則の法則によって私自身も崩されます。

この崩された苦しみは私が一番知っていると同時に、氣を扱う知り合いでも命を落とした方もいますので、どんなにやな人に対しても氣を狂わすことしたことはありませんし、これからもする事はありません。

今までもかなり疑われたりしましたが、氣を理解しない人にはそう言った話は一切しませんし、氣の療法もいたしません。

私もこの仕事していて、10年近くになりますが、様々な腹の立つ事がありましたが、お陰さまでここまで人の道をそれずにやって来ていると思います。

本当に言えることは、耐えうる事、余計なことはしない事、やるべき事はきちんとやる事、心の修行はまだまだこれからも続いていきますので、この技術を信じて行っていきます。

   にほんブログ村 健康ブログ 整体へ にほんブログ村 健康ブログ 気功へ にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

このページのTOPへ