« 鈴木すすむのプラーナ・セラピー | メイン

私の半生

 私は現在47歳

私がこの氣の療法をやり始めて、20年近くになります。

「氣」なんて、非科学的でインチキ療法だ!!なんてよく言われていました。

私自身有名な氣をやっている協会などに属した事はありませんでした。

 とにかく、自分自身の身体の改善や目の前にいる人の身体の改善を考え、日々結果を出すことしか前進はありませんでした。

 書籍にも書きましたが、「何処で修行をさえれたのですか?」とか「どんな資格をお持ちなのですか?」とよく聞かれますが、修行は現在人を改善する事が修行で、資格は療術師という資格を取得しただけです。

今回は、新潮社さんから私の長年の経験を書かせてもらいましたが、これからも、目の前の人と自分自身の身体の改善をしていく思いは変わりません。

今まで私を助けてくれたり、技術を教えてくれたりした先生方には感謝しています、私自身は無名ですが本当に効果がある療法を教えてくださりました。

 お金や名誉を必要なときは必要ですが、お金や名誉が無くても、しっかりとした「志」があれば認めてくれる人は必ずいるのだと確信しました。

私自身この苦難の中、人が生きる為の基本を創り上げることが出来ました、これから、力強く生きる方法が分かったのでこれからは自由にいろんな事をやって行きたいと思っています。

本当に苦しいときに自分の支えとした「理念」があります、それも書籍に書きました。

「人の道を歩む」と言うことはとても大切です、では、どの様なここ持ちで、どのように行動したら人の道を歩めるのか?

それを示さなければ、私も「人の道を歩むことだよ!」と言い続けることは出来ません。

一概に書けませんので、基本的なことは「鈴木すすむのプラーナ・セラピー」をお読みください。

鈴木すすむの書籍

このページのTOPへ